はじめに

オールゲーマーズ誌主催による『日本アナログゲーム ゲームカフェ大賞』を創設します。

この賞は、日頃より最もアナログゲームに接し、プレイし、インストをしているゲームカフェやショップによる投票によって決まる賞であり、すなわち、よりプロフェッショナルの目線且つ、現場感覚に近い身近な賞になるものと期待しています。

第一回目である今回においては、「2017―2018年」という区切りの中で、「最もホットだったと思う」「日本のアナログゲーム」を3点挙げてくださいとお願いをしました。

◆主旨 普段から最もアナログゲームに接しているゲームショップやゲームカフェからの投票には、よりユーザー目線に近い結果が得られ、またアナログゲーマーとカフェの橋渡しになることを期待し、当賞を創設する。
◆対象ゲーム 日本国内の全てのアナログゲーム。
※アナログゲームの定義は投票者に委ねる。

◆投票対象 「その一年で最もホットだった」と思うゲーム。
※「ホットだった」の定義は投票者に委ねる。
◆投票者 オールゲーマーズ誌に掲載する全てのお店に依頼。
◆選出方法 1番ホットだったゲームに5点、2番目に3点、3番目に1点を割り振り、最も得点の多いゲームを「ゲームカフェ大賞」とする。


SCYTHE
  • ◆タイトル:SCYTHE(大鎌戦役)
  • ◆メーカー:Stonemaier Games(日本取扱:アークライト)
  • ◆デザイナー:Jamey Stegmaier
  • ◆ジャンル:重量級国家戦略ゲーム
  • ◆プレイ人数:1~5人
  • ◆プレイ時間:115分

総評

 1920年代の世界を舞台にした国家戦略開発戦争ボードゲーム。ここまでならよくある設定のゲームだが、『サイズ』が違うのが、ただ開発して戦争に勝てばいいというだけではないという点。このゲームには「民心」というステータスがあり、戦争に勝っても「民心」が下がってしまい、結果的に勝利点が思ったように得られないということも大いにあり得るゲームなのだ。

 美麗なアートワークと、凝ったコンポーネントも、この世界に没頭する大きな要因でもあり、またそれがプレイのしやすさに繋がっている。組み合わせば選択肢は多くなるが、基本的には行動にあまり悩む必要の無いプレイ感もあり、「重ゲー」の入門編としては最適なボードゲームかもしれない。

 ゲームカフェ大賞ということで軽めのゲームが選出されるかと思ったが、第一回大賞は重ゲーが選ばれた。これは意外ではあったが、しかし『サイズ』なら納得の選出だ。ぜひ多くの人に遊んでもらいたい名作である。

カフェからのコメント

フィギュアゲームやヘビーゲームに関心がない層を大きく巻き込んだ一大ムーブメントを作り上げた。また世界観やシステムが秀逸で繰り返し遊ばれている。

もっとも遊ばれたゲームだから

日本語版が発売される以前から、店舗で一番ホットなゲーム。それに加え日本語版が発売され注目されたため

重さ、スケール感、斬新さともに1位ではないかと思います。ちなみに私はあまりの重さと手間の多さに途中で脱落したくらい得意ではないゲームですが、世界観はかなり好きです。

テーマ性と面白さが高い次元で両立してるゲーム。当店では大人気ゲームでした。

非常に人気が高かったし、繰り返し遊ばれていた。なんせカッコいい!

プレイヤーごとに目指す目標が違いながらも、行動指針次第では好きなようにプレイしても勝ちに繋がることもある、多くの要素を用いたことでゲームの奥行きがあり、完成度が高い。

当店でこのゲームがやりたいと言われた2時間級ゲームの中で一番「もう一度!」とリピートして遊ばれているゲームです!


ボブジテン
  • ◆タイトル:ボブジテン
  • ◆メーカー:TUKAPON
  • ◆デザイナー:kazuna*
  • ◆ジャンル:パーティゲーム
  • ◆プレイ人数:3~8人
  • ◆プレイ時間:30分程度

総評

 まずこのゲームを選択すれば場の盛り上がりは間違いない。ルールは簡単。手番プレイヤーは出されたお題を「カタカナ」を使わずに説明する。他のプレイヤーはそれを聞いてどのお題かを当てる。それだけ!

 パーティーゲームでもよく使われる「カタカナを使わずに会話する」だが、やってみれば確かに面白い。急に片言でしゃべりはじめたり、なぜかエセ外国人みたいなしゃべり方になったり、メチャクチャな身振り手振りをはじめてみたり、ゲームに勝てなくても笑える要素の多いというのもこのゲームの魅力だろう。

 ゲームカフェで遊んだという方はとても多いのではないだろうか。堂々の第二位受賞!

カフェからのコメント

どなたでも手軽に遊べて必ず盛り上がるゲームでした

お酒を呑みながら盛り上がれる遊べるゲームであり、ボドゲ初めての人への導入にも助かりました。

一度遊んだ方がリピートして遊ばれる数もとても多かったです。未プレイの人に「とても楽しいよ」と勧める姿が多く見られました

当店で30分以内で盛り上がり、ルールが簡単なゲームをお願いしますと言われておススメした中で一番選ばれたゲームです!

設定のユニークさ、ルールの分かりやすさがトップクラスなので、誰にでもオススメしやすいライトゲーム

簡単、楽しい!で導入に最適だから

お客様同士が相席で遊ばれる際に、その卓の1人が「まずは盛り上がるゲームを」ということでチョイスされることの多いゲームです

手軽に手軽に盛り上がれる、まさに神がかったゲーム!

普段アナログゲームに馴染みのない層にも訴求力のあった商品


テラフォーミング・マーズ
  • ◆タイトル:テラフォーミング・マーズ
  • ◆メーカー:FryxGames(日本取扱:アークライト)
  • ◆デザイナー:Jacob Fryxelius
  • ◆ジャンル:火星開拓エリアマジョリティ
  • ◆プレイ人数:1~5人
  • ◆プレイ時間:90分〜120分

総評

 企業のスタッフとして火星を開拓して発展を目指すゲーム。舞台が火星なだけに開発の内容も「気温を上昇させる」「呼吸可能な大気を作り出す」「海洋を生み出す」などソレっぽい。開発が進むと移民もやってきて、ますます発展していく。新時代を切り開く企業戦士ゲームの入賞!

カフェからのコメント

長時間かかるにもかかわらず、年100回以上プレイされ、何度もリプレイ要求があがったカードゲーム。毎回飽きさせない組み合わせが楽しめたのが要因かと思う

勝利ポイントを稼ぐ条件が多岐に渡るため、遊ぶたびに盤面が変わります! どの戦略で戦うのか!? 誰から甘い汁を吸うのか!? 当店でも繰り返し卓が立っています

ゲーマー受けする内容から日本版The One Hundred 2017で1位に選ばれるなど、2017年中の話題をかっさらった一作だと思います。お店でもよく遊ばれていましたし

カードも全て異なりながらも、バランスが良く、リプレイ性が高い

今年注目のボードゲームといったらこれでしょう!当店でも人気が高く非常によく遊ばれていました。何もなかった火星を様々な企業が地球化していき、終盤はゲームを終わらせたくなくなるほどでした

第四位
カタンの開拓者たち
テストプレイなんてしてないよ
宝石の煌めき
第七位
センチュリー:スパイスロード

カフェからのコメント

【カタンの開拓者たち】 やはり一番プレイされているゲームと言うと「カタン」になりますね。時間も1時間程でオススメしやすいです。やる事はシンプルなので遊びながら教える事もできます。長年愛されている納得のゲームだと思います

【カタンの開拓者たち】当店で一番遊ばれたゲームです。定番ではありますが面白さは間違いありません。毎回違うマップになるため状況によって戦略が変わるのも面白いですね

【カタンの開拓者たち】カタン好きな人がいて、その人が遊びに来るととりあえずカタンを遊ぶので。スタートレックカタンやエジプトカタン、またカタンの拡張もよく遊ばれています

【テストプレイなんてしてないよ】創英角ポップ体最高

【テストプレイなんてしてないよ】は店長イチオシのカードゲーム。RPG主体のこの店にひさしぶりに追加されたゲームとなった

【テストプレイなんてしてないよ】盛り上がり方が異常。良い意味でお客様たちが馬鹿になっており、みているこちらとしても非常に楽しめる瞬間が多かったと思います

【テストプレイなんてしてないよ】脳死でプレイできるので、頭使ったあと箸休め的につかってます

【テストプレイなんてしてないよ】パーティゲームのお手本のようなゲームです!深く考えずに盛り上がるならこれが一番です!

【宝石の煌めき】簡単なルールですが、考えることが多く、運要素少ないので、次こそはと何度もしたくなるいいゲームだと思います

【宝石の煌めき】男女問わず、ボードゲーム初心者でも、熱中してる

【宝石の煌めき】少し頭を使うゲームを紹介してほしいといわれたときに進めるゲーム。こちらのゲームが遊びたくて再来店される方もいます

【センチュリー:スパイスロード】もっともリプレイされました。攻略しようという流れもあって、熱かったです!

【センチュリー:スパイスロード】少し難しいゲームを遊びたくなった人に非常に受けた作品。ルールのわかりやすさとコロコロ変わる状況の面白さ。直接攻撃こそないが他のプレイヤーの動きを見る必要もあり奥深さもしっかりある傑作

【センチュリー:スパイスロード】初心者でも、ゲームをやった感があり、勝っても負けても、またやりたくなるゲーム

第八位
マジックメイズ
ガンジスの藩王

ワンナイトマンション
タイムボム

カフェからのコメント

【マジックメイズ】 店頭での2017年売上での圧倒的販売数と、誰もが楽しめる脱出ゲームとしての面白さがわかりやすく詰まっていて、遊べば遊ぶ程楽しい良ゲーム。店内で遊ばれたゲームとしてもトップクラスでした

【マジックメイズ】ゲーム中に原則会話禁止というルールがとにかく面白い。ターンの概念がないので、いわゆる待ち時間がほとんど発生しないところもgood。3分の時間制限があり、時間を延長する砂時計マスに止まった時は会話していいルールが絶妙

【ガンジスの藩王】店長が2017年〜2018年2月までで一番好きなゲームです!

【ワンナイトマンション】人狼をやりなれているお客様からも、また正体隠匿に慣れていないお客様からも高評価だった作品で、いろんなお客様に繰り返し遊んでいただけた作品です

【ワンナイトマンション】当店に来た4〜6名様にだいたいおすすめしましたが、これはいつでも絶対に盛り上がりました!うちで遊んで「これ買うわ」と仰られた方も複数いました。当店の人狼系ゲームの鉄板になってます

【タイムボム】人狼ゲームが苦手な方も、比較的あそびやすい正体隠匿系のゲーム。一緒に遊ぶ人数が6人以上になった時の選択肢としてオススメ!

【タイムボム】人狼系のゲームは中々敷居が高いがこのゲームはそれらが苦手な人でも気軽に遊べるように工夫されていて面白い作品です

第12位
ラミィキューブ
第13位
ナンジャモンジャ・のびのびTRPG・STRIKE
第16位
インサイダーゲーム
第17位
コンプレット
桜降る代に決闘を
レジスタンス:アヴァロン

カフェからの全体に対するコメント

【ラミィキューブ】 店長のkomaお気に入りのボードゲーム。兵庫県大会で優勝して全国大会へ行ったのと、加古川市の児童クラブでブームになっているので一番ホットなボードゲームだと思います。

【ラミィキューブ】既存のゲームにシステムが良く似ているためルール概要を説明しやすく、かつ戦略性のあるゲームなので

【ラミィキューブ】定番ゲームですが何度遊んでも楽しいので稼働率が高いです

【ナンジャモンジャ】テレビ等での露出も多く、お客様から遊びたいとお声をいただくことが圧倒的に多かったゲームです。ルールもわかりやすく絶対に盛り上がるので、どなたにもおすすめしやすいのもGOODです

【ナンジャモンジャ】誰でもできる手軽さ、盛り上がりの良さがよい。YouTuberによって取り上げられ、知名度が高いのも、初めての人にとっても入りやすかったと思う

【のびのびTRPG】BGユーザー、TRPGユーザー共に好評でした

【のびのびTRPG】TRPGってどんなの?という質問の答えの一つになりうるゲームですね。TRPGゲーマーは勿論、TRPGを知らない方にまで話題になった良作でした!

【STRIKE】簡単なルール、短時間で終わるゲームにも関わらず毎回生まれるドラマが人気でした

【STRIKE】ボードゲーム初心者、他のゲームもあまりやった事無い。という方にまずオススメしているゲームです

【インサイダーゲーム】人狼苦手な方にも受け入れられ、ダントツの売上でした

【インサイダーゲーム】正体隠匿系のゲームが盛り上がりやすく、インサイダーで盛り上がったお客様は多かったと思います

【コンプレット】ボードゲームが初めての方も、そうでない方も対等に楽しめるのでオススメしやすいゲーム。1度プレイすれば把握できるシンプルなルールなので、ゲーム終了時には「もう、1回!」となります

【コンプレット】地味にずーーーっとあそばれている感じ!安定感バッチリです

【桜降る代に決闘を】称ふるよに。美麗なイラストと高い競技性で大ヒットとなりました。TCGをたしなまれていた方への訴求力も非常に高く、業界において新しい客層の開拓に一役買ったとも思います

【レジスタンス:アヴァロン】正体隠匿系のこのゲームは人数の多いときや、重いゲームの合間にプレイされるのに最適で、ボードゲーマー、人狼プレイヤーどちらにも受け入れられた稀有なゲームでした

BOARDGAME Realm DDT・Cafe Quasta・CosmosWan・DDT・gamecafe ATTIC・goonie cafe・Hello Hello・ JELLY JELLY CAFE 立川店・JELLY JELLY CAFE 池袋店・littlespell・ONBOARD・Reaching Moon・Role & Roll Station 秋葉原店・SHAREcafe・TimeWalk・toi toi toi・TRPG&BG ショップ「mistel」・アソビCafe・カードボックス矢向店・ かくれがゲームカフェこにょっと。・キウイゲームズ・キノスの樹・ゲームカフェ秋葉原集会所・ゲームショップ ブリックス・ゲームスペース金沢・ゲームバー京都・サニーバード・ディスカバリーゲームズ・トレカ& ゲーム ZEST・ヒカリゲームズ堺・フローチャート・ボードゲーム・カフェー賽翁・ボードゲームBAR ダイス・ボードゲー ムカフェ ベロニカペルシカ・ボードゲームカフェ& ショップ【inst(インスト)】・ボードゲームカフェロンドン・ボー ドゲームカフェ武蔵新城・ボードゲームショップ ギルド・ボードゲームショップDDT・ボードゲーム喫茶ヒデ・ ボードゲーム喫茶天岩庵・ミープルの森・ゆめいろたんけんたい・よろずや食堂・駒の時間・雑貨・ボードゲーム プレイスペース おもくろや・上野上さま・人狼HOUSE 渋谷店・人狼HOUSE 名古屋店・池袋人狼村・冒険と遊 びの喫茶店 らみぃ・友達酒場たなごころ・ボドゲスペースみらいや(順不同)